筋トレ論

【筋トレ初心者必見】良いジムトレーナーの特徴(正しく選ぼう)

こんにちは。YASUです。

本日は、良いトレーナーの特徴について僕なりの考えをお伝えできればと思います。

一応僕自身筋トレを本格的にはじめて6年程度が経過しているので、
いろんなトレーナーの方だったりを見てきました。

その経験を元に良いトレーナーと良くないトレーナーの差について、
僕なりに思うことをお伝えしていきます。

今回に関してはパーソナルトレーナーだけでなく、
通常のトレーナーも該当する内容となります。

是非参考にしてみてください。

 

良いトレーナーの特徴

スポーツジムの効果を最大限にするためにトレーナーと良い関係を作る方法 | ライフハッカー[日本版]

ポジティブな声掛けをしてくれる

パーソナルでもそうでなくともポジティブな声掛けを日頃からしてくれるトレーナーは好感度が高いです。

トレーニングは基本辛いものなので、
ネガティブな感情になってしまうことも多々あります。

そんな状況下でも前向きな声掛けをしてくれるのは非常にありがたいです。

皆ができることではないので意外と良いトレーナーとそうでないトレーナーを分ける重要な部分だったりします。

明るくて愛想が良い

上記に付随しますが、明るくて愛想の良いトレーナーは好感度が高いですね!

せっかくやる気になってジムに足を運んでも、
暗いトレーナーが出迎えたんじゃやる気も半減ですよね。

ジムにいったらこちらまで元気になるようなそんなトレーナーは素敵ですよね😃

専門用語を使いすぎない

特にパーソナルトレーニング時などに重要になってくる部分です。

ボディメイクでは、解剖学だったり栄養学など意外と重要なことが多かったりします。
同様に専門用語も多く存在し、素人の方からするとなんのこっちゃというものが多いです。

トレーナーは理解してて当然ですが、
いきなり専門用語で説明されてもよくわからないですよね。

そういった専門用語を使いすぎず、
トレーニーに合わせた言葉遣いで説明してくれるトレーナーはやっぱり好感度が高いです。

誰にでも分かる言葉で説明をする。

簡単そうだけど意外と難しくて重要なことなんですね。

最低限の身体の持ち主

誰かにトレーニングを教える上で教える側が太っていたり、ガリガリだったりしたら説得力はないですよね。

教える側は最低限の身体を持っておく必要があります。

ですが実際は皆が皆そこそこの身体を持っているわけではありません。
知識があればいいじゃんと思う方もいるかもしれませんが、
知識は持っているだけでは意味ありません。

人の身体で実験をする前に自分の身体で試すことが大切だと思います。
それが良いトレーナーだと思いますし。

トレーナーに教えてもらう際は最低限の身体を持っているか、
意識してみてみると良いでしょう。

ジムエリアにいつもいる

トレーナーなんだからジムエリアにいるのは当たり前と思いがちですが、
意外とそんなこともないんです。

トレーナーによってはジムエリアやスタジオではなく、
スタッフルームで長い時間くつろいでいる人もいたりします。

勤務中に休憩をしているトレーナーよりも
ジムエリアでコミュニケーションをとれるトレーナーのほうが良いですよね。

普段どこによくいるか注意してみてみると意外と面白いですよ。

 

まとめ

本日は良いトレーナーの特徴についてお話をさせていただきました。

主観ベースでお話させていただきましたが、
長くジムに通っていて重要だと思っていることなのであながち間違っていないかと思います。

特に筋トレ初心者の方などの場合、
トレーナーの人に相談することも少なくないかと思います。

是非トレーナーの行動などを見比べながら
良いトレーナーを見つけてみてください!

では!

ABOUT ME
YASU
Torekaというボディメイクプラットフォームを作っています。 『ボディメイクを通じて人生を変える』をテーマとしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です