筋トレ論

【初心者トレーニー必見!!】筋トレがめんどくさい日のマインドセット

こんにちは。YASUです。

本日は、筋トレがめんどくさい日のマインドセットについて紹介していきたいと思います。

僕自身週6日ジムに足を運びトレーニングしていますが、
毎日がやる気に満ちているわけではありません。

ときには、めんどくさいなと思いながらジムにいくこともしばしばあります。

そんなモチベーションが上がらない日でもしっかりとトレーニングはするわけですが、
そんな日に僕が意識していることを紹介していきたいと思います!

皆さんもなかなかやる気がでない日があると思いますので、
是非考え方の参考にしていただければと思います😃

 

やる気が出ない日に意識すること

筋トレの最適な負荷と回数の設定方法| Be-fit light24 BLOG | Be-fit light24 BLOG

外部要因だったり体調だったりと、その日やる気が出るかは正直わかりません。

普段と同じようなことをしてしまうと最悪怪我などにつながることも考えられます。
モチベーションが低下しても同じようなトレーニングをするというマインドは素晴らしいですが、
無理はしないようにしましょう。

気分が乗らない日は高重量トレーニングは避ける

気分があまり乗らない日に無理をしてもリスクが伴います。

なので、まずやる気があまり出ない日は、
高重量などの種目はできるだけ避けるようにしましょう!!

高重量を扱うことはかなりの神経を伴いますし、
モチベーションの高さが影響して、挙がるかどうか変わってきます。

モチベーションが低いときにチャレンジしたところで良い成果は得られないので、
思い切って違うトレーニングを行ってあげましょう。

ケーブルトレーニングやマシントレーニングなどおすすめです!!

30分程度で終わるメニューを組む

やる気がないときに長々とトレーニングしたところで効果は薄いでしょう。

トレーニングを開始する前にメニューを立て、
それも30分程度とボリューム少なめで見積もるようにしましょう。

そうすることで最初からゴールが見えやすくなるので、
頑張りやすくなります。

また万が一途中でやる気が出てきた際はそこからメニューを追加してあげればいいので、
最初からハードなメニューを立てないようにしましょう!!

思い切ってトレーニングを休む

いろいろな状況にもよりますが、思い切ってトレーニングを休んでしまうのも手です。

僕の場合特に休みの日というのを設けていないので、
面倒くさいなと思った日に休むようにしています😃

ただそのときに意識しているのが、休みが連続しないことです。

連休をとってしまうとそこから休みが続いてしまう可能性がありますからね。
モチベーションを下げすぎないためにも抑制をかけるようにしています。

週5日~6日はトレーニングしたいと考えているので、
うまく休みをはさみながら行っています。

 

まとめ

本日はトレーニングがめんどくさい日のマインドセットということで紹介をさせていただきました。

めんどくさいと感じながらジムを休むのは簡単ですが、
そんな中ジムにいくだけで凄いことだと僕は思います。

なのでまずは心理ハードルを下げることが大事です。

ジムに行って、できることだけやって帰ってくる。
これで十分です。
あとはトレーニング歴が長くなってくれば、自然といろいろ考えられるようになります。

是非初心者の方はまずはジムにいくことに重きをおいて意識してみてください!!

では。

ABOUT ME
YASU
Torekaというボディメイクプラットフォームを作っています。 『ボディメイクを通じて人生を変える』をテーマとしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です