筋トレ論

逆三角形の身体を作る~肩編~

こんにちは。YASUです。

本日は男性憧れの『逆三角形の身体を作る』ために重要なことをお話していこうと思います。

逆三角形を作るには集中的に鍛えるべき部位が存在します。
その中で第一弾ということで今回は『肩』にフォーカスしてお話していきます。

実際に僕自身が行っているトレーニングを紹介していきますので、
初心者の方など参考にしていただけると嬉しいです。

 

逆三角形の身体をつくるために必要な肩トレメニュー

肩のトレーニングでマッチョな三角筋を鍛え上げる4つの方法

ショルダープレス

多関節種目であるプレス系の種目を最初にもってきます。

この種目を行うことで肩を肥大させることができるようになります。

行う際はダンベル・バーベル・マシンなど合ったものを選びましょう。

サイドレイズ

サイドレイズでは肩の中部の輪郭を鍛えることができます。

しっかりと鍛えることで中部に立体感を出すことが
できるようになり逆三角形に近づきます。

一般的にはダンベルがおすすめですがマシンなどがあればそちらでもOKです!

フロントレイズ

フロントレイズでは肩の前部を鍛えることができます。

前部の立体感を出してあげるために
ぜひおこなってあげましょう!

ダンベルもしくはケーブルマシンがおすすめです!

リアレイズ

リアレイズでは肩の後部を鍛えることができます。

一見逆三角形には必要ないと思いがちですが
バランスの良い身体を作っていく上で必要な部位になります。

やや動作的には難しくもありますが取り入れてみてください。

 

まとめ

今回は逆三角形を作り上げる上で必要な肩についてお話させていただきました。

肩は逆三角形でいうところの端部分を指す重要な箇所です。
是非取り入れるようにしましょう!

では。

ABOUT ME
YASU
Torekaというボディメイクプラットフォームを作っています。 『ボディメイクを通じて人生を変える』をテーマとしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です