筋トレ論

筋トレ初心者はBIG3を避けてはならない

こんにちは。YASUです。

本日は『筋トレ初心者はBIG3を避けてはならない』というテーマでお話ししていきたいと思います。

そもそも皆さんBIG3という言葉をご存知でしょうか?
たけし・さんま・タモリ…ではないですよ!

『ベンチプレス』『スクワット』『デッドリフト』この3つを総じてBIG3と呼んでいます。

このBIG3ですが筋トレにおける基本種目でありながら最重要種目になります。
ここ最近このBIG3を疎かにする人が初心者を中心に多いのですが、
初心者こそBIG3をメニューから外してはいけないと考えています。

今回はこのBIG3とは具体的にどのような部位に効くのか。
またなぜ初心者は特に行うべきなのか。

についてお話していこうと思います。

 

筋トレ初心者がBIG3を避けてはならない理由

スクワットとフルスクワットでどのぐらいマックス値が違うのか

それぞれどこに効くのか?

ベンチプレス

大胸筋をメインに補助筋として上腕三頭筋・肩の前側も鍛えることができる

スクワット

脚全体に加え脊柱起立筋も鍛えることができる

デッドリフト

ハムストリングスからお尻にかけて、加えて背中中心を鍛えることができる

メニューとして効果が高い

このBIG3ですが行う理由として効果が高いことが挙げられます。

他の種目と比べても数値がわかりやすくはっきりとしているので、

先月と比べて○KG重量がアップした!

など自身の成長を数値でも判断しやすいのも特徴です。
また重量がアップしているということは少なからず筋肉量もアップしているはずなのでその部分もわかりやすいですね。

基本フォームを学ぶことができる

このBIG3が正しいフォームで行えるようになれば他の種目も問題なくこなせるようになります。

少し動作が難しそうな種目でも筋肉の使い方は変わらないので、
BIG3が全ての基準動作となります。

胸で言えばダンベルフライやケーブルクロスオーバーなど少し難しいトレーニングもありますが、
ベンチプレスさえしっかりとこなすことができるようになれば問題なくできるようになります!

ですので初心者は特にBIG3を軽視しないようにしましょう!

 

まとめ

最近のトレンドとしてはBIG3をあまり行わない方向へ進んでいる気がします。

筋肉をつけていく上で必ずしもやらないといけない訳ではありませんが初心者にとっては筋肉の使い方を覚える上でかなり重要なメニューだと僕は考えています。

是非好き嫌いを早期で判断するのではなくBIG3を取り入れて心身ともに強くなっていってください😃

では。

ABOUT ME
YASU
Torekaというボディメイクプラットフォームを作っています。 『ボディメイクを通じて人生を変える』をテーマとしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です