筋トレ論

筋トレにまつわるやめて良かった習慣5選

こんにちは。YASUです。

本日は筋トレにまつわるやめて良かった習慣を5つほど紹介していこうと思います。

個人の考えでもあるので皆さんが完全に同意するかはわかりませんが、
筋トレを5年ほどやっている人(僕)の考えなのである程度は参考になるかなと…(なったら嬉しい)

ではいきましょう。

 

筋トレにまつわるやめて良かった習慣5選

ジムに通えないときに自宅でできる筋トレ動画集|初級~上級者向け | ライフハッカー[日本版]

①必ず毎日筋トレをする

最近までなぜか毎日筋トレをしないといけないと考えていたのですが全然そんなことはありません。

特定の休みは設けていませんが忙しくていけない時や
面倒臭い場合は休息日として
自分のペースで筋トレするようにしています。

そうしてから身体の調子も良いですしメンタル的にも安定したので良かったです😃

②高重量にこだわる

高重量にこだわることをやめてから怪我も減り身体も変わってきた感じがします。

高重量も当然必要ですがあまりこだわりすぎるのは
よくないかなと考えております。

うまく高重量とそうでないトレーニングを組み合わせて
怪我をしないで継続することが身体の成長につながるかと思っています😃

③セット間休憩を細かく測る

少し前までセット間休憩をスマホ等で細かく測っていました。
しかし何かと面倒で微妙なストレスになっていたんですよね。

そこで細かく測るのをやめてだいたいで
休憩を取るようにしたところ変なストレスが軽減されました😃

人によってはしっかりと測った方が良い場合も
ありますが僕の場合は必要なかったです‼︎

④アイテムにこだわりすぎる

リストラップやパワーグリップ、ベルトなどこれまでは全てを持ち歩いていました。

そのため何かを忘れるとモチベーションが下がってしまったりとよくない習慣だったなと思います。

今では必要なもの以外は持ち歩くことをせずにモチベーションに左右されずにできており
かなり充実度が高いトレーニングができています😃

⑤ジャンクを食べる

筋トレを継続することにより身体のことを気遣うようになりました。

ジャンクフード等の俗にいう身体によくない食べ物を食べなくなったりと
習慣がかなり変わりました😃

いったん食べなくなると日頃から食べたくなく
なってくるので身体も欲しないし良いことづくしです😃

 

まとめ

筋トレをするようになってから自分の身体のことをよく考えるようになりました。

ジャンクフードは食べなくなったし、運動が習慣化するようにもなりました。
別にゴリゴリのマッチョを目指す必要はないんです。

もしまだ筋トレをしていない人は
健康で満足度の高い人生を送るためにも
少しで良いので筋トレをしてみてくださいね。

きっと今より人生が豊かになりますよ😃

では。

ABOUT ME
YASU
Torekaというボディメイクプラットフォームを作っています。 『ボディメイクを通じて人生を変える』をテーマとしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です