ダイエット

マシン別スクワットの違いを3選紹介

こんにちは。YASUです。

本日はマシン別にスクワットの効果だったりどのような使い分けをすべきか紹介していきたいと思います。

結論スクワットのやり方としては大きく3つほどあります。

✅バーベルスクワット
✅ダンベルスクワット
✅スミススクワット

他にもマシンで行うスクワットなどもありますが、ほとんどのジムには置いていないので今回は外して上記3つを紹介していきます。

どれも同じようなイメージを持たれる方も少なくないと思いますが、
実は効かせられる部分だったり用途など違う部分が多かったりします。

そこで今回はスクワット別に少し細かく紹介をしていきたいと思います。
自身はどのスクワットを中心にメニューに取り入れるべきかなど参考にしていただければと思います!!

スクワットの正しいフォーム教えて‼こんにちは。YASUです。 本日はスクワットの正しいフォームの解説を簡単にしていきたいと思います。 スクワットはBIG3と言...
【女性向け】理想のお尻をつくるおすすめトレーニング5選こんにちは、YASUです。 本日は主に女性向けに『理想のお尻を作るためのオススメトレーニング』を5つほど紹介していきたいと思います...
僕の愛用しているトレーニングギアを全て紹介こんにちは。YASUです。 本日は僕の愛用しているトレーニングギアを全て紹介していきたいと思います‼︎ トレー...

 

マシン別スクワットの違いを紹介

「バーベルスクワット」の画像検索結果

①バーベルスクワット

バーベルスクワットはスクワットの中でも最もポピュラーな種目になります。

特徴としてはバーベルを扱うのでより高重量を扱うことができます。
そのためより筋肥大に効果的で脚の筋肉量を増やすことが可能になります。

筋肉量が増えることで基礎代謝もアップするのでより太りにくい身体を作ることができるようになります。

こんな方におすすめ

✅バルクアップしたい方
✅ダイエットをされる方
✅筋肉量を増やして基礎代謝を上げたい方
✅脚を太くしたい方…etc

②ダンベルスクワット

次にダンベルで行うスクワットを紹介します。

ダンベルで行うスクワットはバーベルスクワットほどは高重量を扱うことができませんが、
より筋肉を意識しやすく細かい部分まで集中することができます。

バーベルで行うスクワットの場合どうしても挙げることに意識がいってしまいますので
あまり導引している筋肉にまで意識がいかないことがあります。

ダンベルスクワットであればそのあたりも意識しながら行うことができるので、
よりピンポイントで鍛えたい方などには効果的です。

こんな方におすすめ

✅お尻やハムなどピンポイントで鍛えたい方
✅場所を選ばず家などで行いたい方(ペットボトルなどでも代用可)
✅腰が弱い方…etc

③スミススクワット

スミスマシンという軌道が決まっているマシンを使って行うスクワットもおすすめです。

バーベルスクワットのようにある程度の高重量を扱うことができるのに加え
軌道が安定しているのでフォームが崩れにくく安定したスクワットを行うことができます!!

身体が硬い人は若干辛いかもですが
バーベルスクワットと同様の効果が期待できるので
バリエーションとしても非常におすすめです😃

こんな方におすすめ

✅高重量を扱いたい方
✅バーベルスクワットだと軌道が安定せずぶれてしまう方
✅変化をつけたい方…etc

 

まとめ

時と場合によってどのスクワットがベストかというのは変わってきます。

バルクアップ目的なのであればバーベルかスミスで行うスクワットが良いと思いますし、
より細部に効かせたい人であればダンベルなどで行ってあげるのが良いでしょう。

是非ご自身の目的や状態と相談しながらスクワットをやってみてください😃

では。

ABOUT ME
YASU
Torekaというボディメイクプラットフォームを作っています。 『ボディメイクを通じて人生を変える』をテーマとしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です