筋トレ論

デッドリフトの良いところ悪いところ

こんにちは。YASUです。

本日はデッドリフトの良いところ悪いところを紹介していこうと思います。

BIG3の1つとして有名なデッドリフトですが、
全員に共通しておすすめできる種目ではありません。

その一方で合う人からするとかなり効果の高いトレーニングでもあり、
自分はどちらの属性なのか知る必要があります。

今回はそんなデッドリフトについて解説をしていこうと思うので、
是非参考にしていただければと思います。

【筋トレ初心者向け】必ず揃えたいトレーニングアイテムこんにちは。YASUです。 本日は筋トレ初心者向けに「必ず揃えたいトレーニングアイテム」について紹介していきたいと思います。 ...

 

デッドリフトとは??

デッドリフトの筋トレ効果"7つ"|素早く筋肥大させるコツ&やり方とは | Smartlog

デッドリフトとは地面に置いたバーベルを背中を中心として全身の力を使ってあげるトレーニングのことです。

少し練習すれば自身の体重の2倍近くを挙上することができるようになり、
高重量を扱うことのできるトレーニングとして有名です。

胸を鍛える『ベンチプレス』、脚を鍛える『スクワット』と並び、
非常に人気の高いトレーニングとなります。

どこを鍛えることができる??

デッドリフトでは主に背中を鍛えることができます。

日常では感じることのできない重量を背中で捉えることができるため、
筋肥大にとても効果的とされています。

また挙げる際にお尻や腿裏の筋肉もかなり使うことになるので、
背中と同時にそちらの箇所も鍛えることができます。

デッドリフトの良いところ

デッドリフトの良いところはなんと言っても高重量を扱えるところです。

他の部位も含めデッドリフトほど高重量を扱うことのできる種目はありません。
スクワット以上に重量を扱うことができますからね。

背中のような大きな筋肉を発達させるにはある程度高重量の種目を取り入れる必要があり、
その1つにデッドリフトがおすすめなのです。

また他にもどのジムでもできるというのもメリットかと思います。

だいたいのジムであればバーベルは置いてありますので、
そこそこのプレートが用意されていれば問題なく行うことができます。

ただ最近だと床から始めるデッドリフトを禁止しているジムもあったりしますので、
その場合は膝近くから始めるハーフデッドリフトを試してみてください。

デッドリフトの良くないところ

個人的にデッドリフトの良くないところはこの1つだけだと思います。

それは怪我のリスクが高いということです。

僕自身コレが理由でデッドリフトを一切やらなくなりました。
特に腰に痛みを患っている方は要注意です。

デッドリフトでは先程も伝えたように高重量を扱うことができます。
良い反面高負荷を腰に与えてしまうため、少しでも痛めている方は危険が伴います。

一度デッドリフトで腰をやってしまうと、
そこから何度も痛めてしまいますので、自分の体調と相談しながらやる場合はやるようにしましょう。

 

まとめ

本日はデッドリフトについて少しお話させていただきました。

正直合う合わないはデッドリフトに限った話ではないので、他でも言えますが、
デッドリフトの場合、大怪我につながる場合もあるので無理なくやるようにしましょう。

最悪デッドリフトが無理だったとしても、
ベントオーバーローイングなど他の種目である程度代用はできたりしますからね。

いろいろ試しながらやっていくようにしましょう😃

では。

ABOUT ME
YASU
Torekaというボディメイクプラットフォームを作っています。 『ボディメイクを通じて人生を変える』をテーマとしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です