筋トレ論

【筋トレが楽しくない人へ】筋トレは好きなトレーニングだけをやろう

こんにちは。YASUです。

本日は『筋トレは好きなトレーニングだけやろう』というテーマでお話をしていきたいと思います。

皆さんは筋トレのメニューを組むとき、
どのような構成で組んでいくでしょうか。

一般的に効果のあるとされるメニューを入れていったり。
辛くて嫌いだけど効果の高いとされるメニューを入れたり。
好きな種目だけで構成したり。

いろいろなやり方があるかと思います。

人それぞれ考え方は違うので、
どれが正解とかはないと思いますが、
それでも大事なポイントはあったりします。

今回はそのあたりをお話していこうと思うので、
マンネリ化している方だったりは参考にしてみてください。

 

どのようなメニュー構成をしていくべきか

筋トレを続けることのメリットとは | POWER PRODUCTION MAGAZINE(パワープロダクションマガジン)

早速結論ですが、テーマにも記載しているように、
好きなメニューだけで構成するのが一番いいです。

嫌いなメニューはもはややらなくていいでしょう。

僕の場合は、
スクワットやデッドリフトがその類に含まれます。

効果としては非常に高いというのも理解していますが、
腰への負担がめちゃめちゃ大きいのと、単純に好きじゃないので一切やっていません。

嫌いなメニューはモチベーションが低下する

嫌いなメニューをやらないで好きなメニューだけをすべきなのは、
単純にモチベーションの問題です。

せっかく時間をとって身体を鍛えようとしているのに、
嫌いな種目をやっていたらモチベーションなんてあがらないですよね。

確かに効果はあるのかもですが、
嫌々やったところで本領なんて発揮されないので効果は薄くなります。

僕の場合スクワットは嫌いですが、
レッグプレスは好きなのでそうやって代替していたりします。

好きなメニューだけやると筋トレを好きになる

努力は夢中には勝てないなんて言ったりもしますがまさにそのとおりだと思います。

筋トレをどんなに頑張って続けていたとしても、
楽しくて夢中になっている人にはいろんな意味で勝てません。

嫌いなメニューを取り入れていたら夢中になんてなれないですからね。

楽しい、好きなメニューだけを思い切りやってあげましょう!!

好きなメニューはどんどん上手くなる

好きなメニューで構成をしていれば間違いなく動作もうまくなるでしょう。

神経をかなり注ぐことにもなると思いますし、
楽しさが強ければ極めようとするはずです。

そうやって少しずつ動作がうまくなっていき、
結果的に筋肥大にもつながっていきます。

好きなことを思い切りやるように心がけると筋肉も応えてくれますよ!!

 

まとめ

本日は筋トレでは好きなメニューだけやろう!
といったようなお話をさせていただきました。

あくまで個人の考えなので必ずしも皆に共通するかはわかりませんが、
僕の場合嫌いな種目は一切やりません。

そのおかげで毎日の筋トレが楽しく、
身体も重量も飛躍しております。

是非皆さんも好きな種目だけでメニューを作り、
心も身体も成長させていきましょう!!

では。

ABOUT ME
YASU
Torekaというボディメイクプラットフォームを作っています。 『ボディメイクを通じて人生を変える』をテーマとしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です