筋トレ論

【初心者脱却!!】初心者に難易度高めの胸トレメニュー3選

こんにちは。YASUです。

本日は筋トレ初心者にとって難易度高めな胸トレメニューを3つほど紹介していきたいと思います。

初心者にとって難易度高めということは、
この種目ができるようになれば中級者以上になれているということでもあります!!(極論)

ですが難易度高めな反面できるようになれば非常に効果のある種目でもありますので、
是非チャレンジしてみてください。

ではいきましょう。

 

初心者にとって難易度高めな胸トレメニュー

ディップスを工夫して更に大胸筋を効果的に鍛える方法!|フィットネスジャンキー改

①ディップス

ディップスを行うトレーニーは多くいるかと思いますが、
主に三頭を鍛えるために行うケースが多いかと思います。

ディップスは角度を調整することで胸に効かせることができるようになり、
強烈なストレッチをかけることが可能です。

この強烈なストレッチは他の種目ではなかなか感じることができないものなので、
是非取り入れていただきたい種目でもあります。

②オーバーヘッドプレス

この種目は背中を鍛える際にも行うことがある種目ですが、
身体の使い方次第で胸に負荷をかけることができます。

腰への負担が強かったりとややリスク多めの種目でもありますが、
通常のプレス種目では味わえない負荷を与えることができるため非常におすすめです。

ある程度全体の筋量が必要となる種目なので、
全身しっかりと鍛えた上でやってあげましょう。

③ダンベルプレス

ベンチプレス同様王道の種目であるダンベルプレスですが、
難易度はかなり高めだと思います。

軽い重量を扱うのであればそこまで難易度は高くないですが、
高重量を扱う場合、膝の上に置いてから胸に持っていくテクニックであるオンザニーだったりと
かなりの技術が必要となってきます。

またバーベルで行うベンチプレスと違い、
片手それぞれに高重量のダンベルを持つ必要があるためバランスを保ったりするのも難しく、
またリスクも高くなります。

その反面ベンチプレス以上に胸に負荷をかけることも可能となるので、
よりしっかりと鍛えたい方はダンベルプレスを取り入れてみてほしいです。

 

まとめ

本日は筋トレ初心者にとって難しい胸トレ種目を紹介させていただきました。

今回紹介したメニューができるからといって必ずしも凄いというわけではないのですが、
1つの指標として持ってもらえればよいかと思います。

またできるようになれば非常に有効なメニューでもありますので、
是非トレーニングを積みながら挑戦してみてください。

では。

ABOUT ME
YASU
Torekaというボディメイクプラットフォームを作っています。 『ボディメイクを通じて人生を変える』をテーマとしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です