筋トレ

筋トレ初心者がまず鍛えたほうが良い部位

こんにちは。YASUです。

本日は初心者トレーニー向けに書いていこうと思います。

筋トレはとても奥が深く難しい競技だと思っていますが、
中でも初心者時代にいかに成果を早く出し、筋トレの楽しさを知り、続けるきっかけを得るかが重要だと思っています。

僕自身も筋トレを始めた当初はガリガリでしたが、
正しい知識をもったコーチが近くにおり丁寧に基礎を叩き込んでくれたおかげでスピード感をもって成果を出すことができました。

この成果に関してですが人によって考え方は変わってくるものだと思います。
『身体が当初よりも変わった』場合も成果だと思いますし、
『重量が伸びた』のも成果だと思います。

その中でも今回は『重量』にフォーカスをして成果を出すためにやったほうが良い種目(成果の出しやすい種目)に関してお話していきたいと思います。

 

成果の出しやすい種目

ベンチプレス世界王者 鈴木 佑輔のこだわりと未来 - トレキャリ

では早速紹介していきましょう。

始めたてはとにかく成果を早く出しモチベーションを維持していくことが大切です。

もちろん長期でしっかりと取り組んでいきジリジリと育てていくトレーニングも行っていくべきですが、
始めたてのころはとにかくモチベーション維持のため成果のでやすいトレーニングを行うのがベストでしょう。

ベンチプレス

1つ目はベンチプレスです。

トレーニングをされていない方でも認知されている非常にポピュラーな種目です。

ベンチプレスはやりこむことで初心者でも自分の体重以上を挙げれるようになります。
また100kgが1つ壁とされていますが、これまたやり込んでいけば誰でも到達できる数字となっております。

やった分だけ数字に直結する種目ですので、
是非初心者の方はベンチプレスから始めてみてください。

スクワット

次にスクワットになります。

これまた非常にポピュラーな種目だと思います。
トレーニーからスポーツ選手まで幅広くされるトレーニングメニューですね。

さてそんなスクワットですが、ベンチプレス同様数字を伸ばしやすいトレーニングとして有名です。

これまたやり込むことで自分の体重の2倍くらいは挙げられるようになります。
また脚の筋肉は高重量のトレーニングを行うことで発達がしやすい部位にもなりますので、脚の筋肉もぐんぐんついていき成果が出やすい競技・部位となっております。

デッドリフト

最後にデッドリフトを紹介させていただきます。

これまた非常に有名な種目ではありますが上記の種目らに比べれば少しマイナーな種目かもしれません。

このデッドリフトでは主に背中の筋肉から脚の裏側(ハムストリングス)を鍛えることができます。
これまたやり込むことで高重量を扱えるようになるのですが、人によっては体重の3倍くらいを挙げれるようになります。

しかし逆に高重量を扱うため腰を痛めてしまったり、関節を痛めるリスクも高くなるのでベルトを巻いたり注意をしながら行う必要があります。

 

トレーニングギアを使おう

トレーニングギア | 自由気ままに。

上記で紹介したようなある程度高重量を扱うことのできる種目を行う際はトレーニングギアを活用するようにしましょう。

初心者には必要ないのでは?
という意見もよく聞きますが、フォームが崩れやすかったり筋力がまだ充分でない初心者トレーニーこそ使うべきだと思っています。

以前に初心者トレーニー向けに是非揃えておきたいトレーニングギアを紹介してますので参考にしてみてください。

【初心者トレーニー向け】必ず揃えたいトレーニングアイテムこんにちは。YASUです。 本日は初心者トレーニー向けに「必ず揃えたいトレーニングアイテム」について紹介していきたいと思います。 ...

 

まとめ

本日は初心者トレーニー向けに、始めたての時期に是非やり込んでいただきたい種目を紹介させていただきました。

BIG3と呼ばれる非常に有名な種目になりますが、
高重量を扱うことができ、かつ記録を伸ばしやすい種目となっております。

怪我には充分に気をつける必要がありますが、
注意しながら行うことで正しいフォームも身につけることができるのでそういった意味でも非常におすすめの種目です。

是非記録を伸ばしつつ、モチベーションも保っていただきながら
フィットネスの楽しさを実感していただけたら嬉しいです。

では。

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿