筋トレ

懸垂ができない??(筋トレ初心者向け)

こんにちは。YASUです。

皆さん懸垂はご存知ですよね??
懸垂は非常に効果的な種目で、効かせ方次第で背中を網羅することができます。

ただできない人結構多いんですよね・・・
なぜできないんでしょうか??

ラットプルダウンは自分の体重くらい引くことができるのに懸垂はできない。。
いろんな種目をやってるけど、なぜか懸垂ができない。。

こんな方に向けて本日は解説をしていきます。

懸垂の効果

関連画像

先ほど少し触れましたが、懸垂では背中全般鍛えることができます。
例えば、手幅を広げて身体をなるべく立てながら行えば広背筋を鍛えることができ、
手幅を少し狭めながら身体を剃りながらお腹を天井に近づけることを意識して行えば、僧帽筋中部下部をより鍛えることができます。
後者のやり方は少し応用の要素が入るので少し難しくはなりますが、腰が痛い人でも負荷なくできる種目なので是非覚えたい種目です。

なぜ懸垂ができない??

「懸垂 できない」の画像検索結果

懸垂ができないのには理由があります。
実は結構単純な理由だったりするのです。

背中を使って身体を挙げれていない

懸垂は背中の種目ではありますが、腕(主に上腕二頭筋)の筋肉も作用します。
懸垂ができない人に限って、この腕の力で身体を引こうとするのです。
腕の力だけで自分の体重を引くとなるとかなりの腕力を使います。
初心者の方だとなかなか自分の身体を引くほどの腕力はないので、懸垂ができないと言う現象が起こるのです。

背中の力をうまく使おう

背中を鍛える種目をやるのなら背中の力をうまく使いたいですよね。
逆に背中を使えていないのなら背中のトレーニングすらする必要ありません。

背中の使い方を覚えることができれば絶対に懸垂もできるようになります。
まずは背中の使い方を覚えるようにしましょう。

ラットプルダウンで背中の使い方を覚える

懸垂では基本的に最低でも自分の体重を挙げなければいけません。結構難易度が高いですよね。
それがラットプルダウンであれば、重量設定が細かくできるためお勧めです。

自分のできる適切な重量をきちんとしたフォームで行うことで懸垂もできるようになります。

パワーグリップを初心者の頃から使おう

筋トレの必需品であるパワーグリップをぜひ初心者の頃から使うようにしましょう。

背中のトレーニングでは特に自分の体重よりも重いものを扱うことが多いです。
実際握力だけでその高重量を引くのは難しく、またトレーニング効率を下げるため好ましくありません。

そんな時パワーグリップの出番です。
パワーグリップを使うことで、握力を最小限まで使わずにトレーニングすることが可能になるので背中のトレーニングでは特に効率をあげることができます。

実際背中のトレーニングをしているのに、腕にばかり効いてしまうと言う人は絶対にパワーグリップを使うようにしましょう。
下記にお勧めのパワーグリップをのせておくので是非チェックしてください。

まとめ

結論懸垂ができない人は背中の筋肉を使えていないだけなので、他の種目で背中の筋肉の使い方を学ぶことができればすぐできるようになります。

結局は基本がものを言いますので是非基本に忠実にトレーニングも頑張ってみてください。
では!!

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿