筋トレ

関節を守るアイテムを紹介

こんにちは、YASUです。

筋トレをする上で最も注意すべきは関節の怪我だと僕は考えています。
関節を怪我してしまうと治るまでトレーニングが全くできないだけでなく筋肉を怪我するのと比べ非常に治りが遅く非常に厄介です。

低重量でトレーニングをすればそれだけ関節にかかる負担は軽減されるので怪我のリスクも減らすことができますが、
ボディメイクにおいて完全に低重量のトレーニングのみというのは理想的ではありません。

やはり怪我のリスクを最小限抑えながら強度の高いトレーニングをしていくのが好ましいです。
そこで今回は関節を守るアイテムを紹介していきたいと思います。

また持っていない方は是非チェックしてください。

 

関節を守るアイテム紹介

SBDリストラップレビュー】手首保護【丈夫で長持ち】 | BLUEZZLY

手首を守るリストラップ

まずは手首を守るリストラップの紹介です。

非常に有名なアイテムですね。
ベンチプレスなど高重量を扱う際に巻かれる方も多いかと思います。

胸のトレーニングや肩のトレーニングなどプッシュ系のトレーニング時には高重量を扱わない場合でも巻くべきでしょう。

腰を守るベルト

リストラップと同じくらい有名なのがベルトでしょう。

スクワットやデッドリフトなど高重量を扱う際腰を痛めてしまう可能性があります。
ですがベルトを巻いてトレーニングを行うことで腰を保護してくれるため痛める可能性が低くなります。

個人的にリストラップ以上にマストなアイテムだと思っているのでまだ持っていない方は是非チェックしてください。

肘を守るエルボースリーブ

トレーニング初心者や中級者の方はあまり馴染みがないかと思いますが
肘関節を守るためにエルボースリーブを着用するのも大切です。

このエルボースリーブは肘を保護するだけでなく重量アップも期待できる優れもので一度手にすると手放せないアイテムです。

ちょっと高価なのが難点ですが長く使えるアイテムなので肘を労りたい方や高重量を扱う方は是非ゲットしてみてください。

膝を守るニースリーブ

先程のエルボースリーブと同様にこちらのアイテムでは膝を守るアイテムになります。

主にスクワット時に利用するアイテムですが、膝関節を労りながら反発の力を利用しサポートしてくれる優れものです。

膝関節も肘同様痛めると非常に厄介な箇所なので、
怪我のリスクを下げるためにこのようなアイテムを利用しましょう。

 

まとめ

今回は関節を守るアイテムを紹介させていただきました。

冒頭にでも述べたように関節は1度痛めると非常に厄介です。
実際僕自身腰・肘・股関節と怪我をしていますが一向に治りません・・・

怪我をしてしまうとトレーニングの質が下がってしまうだけでなく最悪トレーニングすらできなくなってしまいます。

僕のように怪我をしてから対策を打つのではなく怪我をしないように考えながらトレーニングしていきましょう!
では。

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿