ガジェット

長時間のデスクワークでも身体が疲れづらくなる方法

こんにちは。YASUです。

本日はハック系のお話をしていこうと思います。

僕の話ですが最近背中・肩・首にかけて激痛があり治療をしております。
当初筋トレの影響かなとも思ったのですが、どうも筋トレではなく毎日のデスクワークが影響しているようです。

思い出してみると最近机の上においたPCに猫背気味で打ち込んでいたのでそれが原因かなと。

いろんな方法を試したところ
猫背が解消でき身体が疲れづらくなる方法を見つけましたので紹介していきたいと思います。

 

デスクワークで疲れづらくする方法

デスクワークで「体がつらい」をラクにするコツ | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ある程度長時間の作業となると姿勢がかなり重要になってきます。

大抵の身体を痛めている人は身体が猫背になってしまっているケースが多いと考えられます。

これはある意味仕方のないことで、
PCをデスク上で扱う際どうしても目線が斜め下に向いてしますため身体も前屈みとなってしまいます。

なのでこれを根本から矯正する必要があります。

PCの配置を高く設定する

現在デスク上でPCを使用している場合もモニターディスプレイを使用している場合でもいつもよりも高さを持たせてあげてみましょう。

個人的にはかなり上に設定してあげると良いです。
顎が少し上がるくらいまで。

そうすることで自然と目線が斜め上になり
身体もそれに伴い起き上がるので猫背状態にならず良い姿勢を保ちながら作業をする事が可能です。

何か本などで高さを出してあげてもいいですが
最近だとPCを高くさせるためのスタンド的なものがたくさん販売されておりますので是非チェックしてみてください。

またモニターディスプレイを使われている方の場合は
モニターアームが別途ありますのでそちらで高さを調節する事が可能となります。

 

まとめ

たったこれだけで身体の疲れが取れるのかと思うかもしれませんがかなり違ってきます。

1,2分であればそこまで姿勢などは関係ないかもしれませんが
これが数時間など長時間ともなると姿勢はかなり大切です。

是非このようにアイテムを利用していきながら
生産性の高い作業をしていきましょう。

では。

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿