バルクアップ

筋肉痛がこないと筋肉は成長しないのか

こんにちは。YASUです。

筋トレに限らず運動をするとやってくるのが筋肉痛です。

若い頃は翌日にきたのに、今じゃ3日後とかにくるようになった人も多いかと思います。
またしっかり運動したのに筋肉痛がこないなんてこともありますよね。

筋肉痛がくれば、
「この間のトレーニングが効いているんだ!」

となんか嬉しい気持ちも芽生えますが、逆に筋肉痛がこないと、
「トレーニングの強度が弱かったのかな」なんて思ったりもしますよね。

また筋肉痛がこないと、せっかく身体を鍛えたのに筋肉が成長しないんじゃないかとすら思ったりします。

筋肉痛と筋肉の成長についてしっかりと理解されている方は多くはありません。
そこで今回は筋肉痛がこないと筋肉は成長しないのか。そんなテーマでお話をさせていただきます。

 

筋肉痛と筋肉の成長の関係性

筋トレ】筋肉痛は必要?筋肉痛になったらトレーニングをやるべき ...

筋トレなどでせっかく筋肉を痛めつけたのに、翌日に筋肉痛がこないとなんだかガッカリしますよね。

トレーニング強度が甘かったのかななんて思ったりします。

しかし筋肉痛がこないことは必ずしも悪いことではありませんし、
実は筋肉は筋肉痛がこなくともしっかりと成長します

確かに筋肉痛がこないことでやった感は薄れますが特に気にすることはないと思います。

 

筋肉痛がこない原因

サイズの原理と運動単位 | 水泳トレーニング

先ほど筋肉痛がこなくとも筋肉は成長するという話をしましたが、でもなぜ筋肉痛がこないことがあるのでしょうか。

ある日は筋肉痛がくるのに、ある日は筋肉痛がやってこない。
個人的な考えでは2つ理由があると思っています。

トレーニング強度が弱い

1つはトレーニングの強度が弱い点です。

例えば胸のトレーニングで、通常ベンチプレスが100kgを10回できる実力なのに、
その日は60kgで10回のみ行ったとしましょう。

この場合はまず筋肉痛がこないはずです。

自身のキャパよりも大幅に負荷が弱いトレーニングをした場合には筋肉痛はやってこないと思った方が良いでしょう。

筋肉が慣れてしまっている

2つ目は筋肉が刺激に慣れてしまっている可能性がある点です。

負荷が例え重かったとしてもそのトレーニング自体に筋肉が慣れてしまっていたとしたら、
筋肉痛はあまりやってこないと考えられます。

その場合、普段やらない種目を中心にやってみるとか、
重量を落として回数を増やしたトレーニングなどを行うと新しい刺激を得られるようになるので筋肉痛がやってくる可能性が上がります。

 

筋肉痛はきた方がいい

筋肉痛を早く治す食べ物は「プロテイン」!?効果的な摂取方法とは ...

これまで散々筋肉痛について書いていきましたが、個人的には筋肉痛はきた方がいいと思っています。

確かに筋肉痛がこなかったとしても筋肉の肥大には大きく影響はしませんが、
それでも2つの理由から筋肉痛はきた方がいいと考えています。

納得感が生まれる

1つ目は納得感が生まれる点です。

やはりやったことに対して筋肉痛がくるのとこないのとでは、そのトレーニングの納得感が変わってくると僕は思います。

その納得感はモチベーションにもつながると思いますし、
トレーニングを長く続ける上で必要なことかなと思います。

オーバートレーニングを防げる

2つ目は筋肉痛でオーバートレーニングを防げる点です。

身体を鍛える上で気をつけないといけないことの1つにオーバートレーニングがあります。

オーバートレーニングとは簡単にいうとトレーニングを頑張りすぎてしまい、自身のキャパ以上に行ってしまうことです。

その結果怪我につながってしまったりと筋肉が成長するどころかトレーニングができなくなってしまうリスクがあります。

筋肉痛の大小で今日はこの部位はやめておこうなど1つの判断軸になるため、
トレーニングにおいて筋肉痛はオーバートレーニングを防ぐ1つの指標になってくれます

 

まとめ

本日は筋肉痛と筋肉の関係性についてお話しさせていただきました。

トレーニングを初めて5年経つ僕ですら、常に筋肉痛を意識しながらトレーニングを行っています。
筋肉痛が少ない日は何が甘かったのかや次はどのようなトレーニングをしようか考えたりしています。

是非皆さんも筋肉痛というものをしっかりと理解しながら、
頭を使って筋肉を成長させていきましょう!!

では。

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿