筋トレその他

日常生活において気をつけたほうが良い飲み物

こんにちは。YASUです。

皆さんは日常生活においてよく飲む飲み物はありますでしょうか。

僕の場合は昔から水やお茶が大好きだったので合わせて1日で2リットル以上は飲んでいます。
水分はかなり大切なので最低でもそのくらいは飲むべきだと思います。

しかし中にはコーラなど当分の異常に入った飲み物をガブガブ飲んでいる人もいるのではないでしょうか。

ほどほどであれば美味しい飲み物としていただくことができますが
飲み過ぎは肥満の原因となってしまいます。

そこで今回はコーラ同様糖質が実は高い気をつけるべき飲み物についてお話していきたいと思います。

 

糖質の多い気をつけるべき飲み物

いま「コーラ」界が熱い! 超定番からレアモノまで、8種類を飲み比べ - 価格.comマガジン

ちなみにコーラ100mlあたりに含まれる糖質の量は11g程度と言われております。

一般的に500ml飲まれる事が多いかと思いますので換算すると1本で50g以上の糖質を摂取する計算になります。

これはお茶碗1杯のご飯あたりの糖質量に相応します。
かなり多いと言えます。

これを1つ基準としてお話していきます。

ポカリスエット

ポカリスエットは清涼飲料水としてかなり有名な飲み物になります。

栄養価が高く特に運動時などに飲まれる方が多いのではないでしょうか。

運動時によく飲まれる製品ということもあり糖質は高めで、
100gあたり約6gの糖質が含まれております。

トレーニング時などに飲まれるのであればエネルギーとして使われるので問題ありませんが、
普段あまり運動をされない方や普段の飲み物としてガブガブ飲むことはあまりおすすめできません。

コーラのように爆発的に糖質が入っているわけでもないのでそこまで過度な心配は不要ですが、
気にされる方はあまり飲みすぎない方が良いでしょう。

カフェオレ

カフェオレなどの甘めのコーヒーは当然糖質が多く入っております。

モノによって違いはでてきますが、
だいたい100gあたり10g弱の糖質が含まれております。

ほぼほぼコーラと糖質の量としては変わりありません。

僕もコーヒー大好きなのでたくさん飲んでしまいますが、
肥満などを気にされる方はあまり摂取されないほうが良いでしょう。

ちなみにブラックコーヒーであれば糖質はほぼ含まれない形となるので問題ありません。

オロナミンC

この間ふとしたタイミングで栄養価を見たとき驚愕しました。

なんと1本あたり200mlのオロナミンCに19gもの糖質が含まれておりました。
コーラやコーヒーとほぼ同等の糖質が含まれているのです。

コーラや甘いコーヒーに糖質が多く含まれているのはなんとなくわかるのですが、
まさかオロナミンCにあそこまでの糖質が含まれているのには驚きでした。

エナジーチャージ的な役割を持っているドリンクではあるので確かに糖質の量も多くなるのは納得ですが、
そこまで糖質の量が多いのを知らない人もたくさんいるはずです。

ダイエット中の方は正直絶対飲まないほうが良いでしょう。

 

まとめ

本日は身近にあるドリンク類から糖質の高いドリンクを紹介させていただきました。

特にオロナミンCはそこまで糖質が多い印象がなかったので僕自身びっくりしましたが
これから飲まれる際には十分に注意していただければと思います。

また普段何気なく飲んでいるドリンク類などで糖質の高いものが見つかりましたら報告していきたいと思います。

では。

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿