筋トレ

初心者こそフリーウェイトを選ぶべき理由4選

こんにちは。YASUです。

本日のテーマは初心者向けに筋トレ論をお話ししたいと思います。

初心者トレーニーの方だとフリーウェイトでのトレーニングよりもマシンでのトレーニングを好んで行う方が多く見受けられます。

マシンでのトレーニングも当然メリットがあり非常に有効な手段なのですが、
初心者の方にはまずフリーウェイトでのトレーニングを行ってもらいたいです。

「フリーウェイトのトレーニングというと上級者のトレーニング」
という固定概念をお持ちの方も多いかと思われますが、

実は初心者向けのトレーニングでもあります。

本日はなぜ初心者こそフリーウェイトのトレーニングを行うべきなのか4つにまとめて説明していきます。

初心者こそフリーウェイトトレーニングを行うべき4つの理由

上述で述べたようにフリーウェイトトレーニングは上級者だけのトレーニングではなく初心者も行うべきです。

理由としては大きく4つあると思っています。
それがこれです。

初心者こそフリーウェイトトレーニングを取り入れた方が良い4つの理由

1.高重量を扱える為筋肥大しやすい
2.身体の使い方、負荷の乗せ方を覚えやすい
3.上手くやれば怪我をしにくい
4.どのジムでも同じ質のトレーニングができる

1つずつ解説していきます。

1.高重量を扱える為筋肥大しやすい

まず1つ目は高重量を扱えるという点です。

ベンチプレスを例に例えていきましょう。

ベンチプレスではトレーニング歴にもよりますが体重の1倍から2倍近くまで挙げる人がいます。これって身体に対してすごい負荷を与えることになります。(筋肥大で大切なことです)

しかしこの負荷をマシンで与えようとしてもなかなかできません。

細かい話は後ほどさせていただきますが、マシンでは負荷が抜けにくかったりするために他の筋肉を極力動員しないように作られていたりします。

そのため全身を使ってのトレーニングというのが物理的に難しくなるため高重量を扱うのが難しくなるのです。

よって筋肉を肥大化させるためにはフリーウェイトをするのが一番なのです。

2.身体の使い方、負荷の乗せ方を覚えやすい

次に身体の使い方や負荷の乗せ方を覚えやすいというのがあります。

何のこっちゃという感じかもしれませんが筋トレにおいては非常に大切なことです。

筋トレで成長するためには主に3つのポイントを抑える必要があると思っています。
それがこの3つです。

1.正しいフォームでできているか
2.適切な重量を扱っているか
3.対象の筋肉に対し負荷を与えているか

この3つを意識できれば筋肉は必ず成長します。
この内容については過去に説明しているので是非みてみてください。

筋トレで飛躍的に身体を変える方法こんにちは。YASUです。 先日初心者向けのオススメのジムをご紹介しましたが、 今回はトレーニングにおいて意識してほしいことを解...

マシンでのトレーニングだと負荷が抜けづらく対象の筋肉に負荷を乗せやすいというメリットがありますが、
一方で雑にトレーニングしてもそれなりに効いてしまうというものがあります。

ずっと同じマシンだけを使うなら良い気もしますが、場合によって様々なトレーニングを行うと思います。

そうなるとしっかりとしたフォームや負荷の乗せ方を学んでおいたほうが再現性が高く、どのトレーニングでも効果を発揮します。

フリーウェイトですとしっかりとしたフォームで行わないと対象の筋肉に効かせることができません。
そのためまずはフリーウェイトで基礎を固めその後色々なトレーニングを行うのがベスト
なのでは無いかなと思います。

3.上手くやれば怪我をしにくい

一見フリーウェイトの方が怪我しやすいのではないかと思うのですが、意外とマシンの方が怪我が多かったりします。

フリーウェイトで考えられる怪我というのは、
ある程度歴の長いトレーニーが高重量で無理をした場合に起こることがほとんどです。

一方でマシンの場合だと初心者でも怪我するというケースが稀にあったりします。
この原因としてマシンの特性が関係しています。

先ほどマシンではフォームが雑でも負荷がかかるというお話をしました。
これはメリットのように聞こえるかもしれませんが、怪我をしやすいフィームでも行えてしまうというリスクもあるのです。

関節の動員もフリーウェイトと比べ少なくなるので1つ1つの関節にかかる負荷が高まります。
その状態で無理な体制でトレーニングを行い続けるといくら軽かったとしてもけがにつながります。

フリーウェイトでは関節の動員が多く、怪我のリスクがあると判断すると負荷を分散させることができます。

以上の理由から意外とフリーウェイトの方が怪我しづらかったりするのです。

4.どのジムでも同じ質のトレーニングができる

フリーウェイトではマシンと違い個々のメーカーによって大きな差がほとんどありません。
50kgのダンベルはどこに行っても50kgです。

しかしマシンだとメーカーや角度などによって重量が大きく変わってきます。

あそこのジムだと30kgで行なっていたのに、他のジムだと20kgなんてこともざらにあります。

上級者などだと特に問題ないのですが、
初心者だと重量は1つの目安だったりするので戸惑ってしまう可能性もあります。

フリーウェイトだとどこに行っても同じ質のトレーニングを行うことができるので、特に初心者にはオススメです。

 

まとめ

本日は初心者トレーニーはフリーウェイトを行うべきというテーマで解説をさせていただきました。

ただあくまで僕の持論ですし、全員に共通するかはわかりません。
マシンでも成果を出す方もいると思いますし。

ただどの上級者トレーニーに話を聞いても皆共通してフリーウェイトが基本と言います。

そのくらい成果を出している人は基本を大事にしています。

皆さんも成果を出すためにまずは基本を磨いてみてはいかがでしょうか?
では素敵なフィットネスライフを!!

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿