筋トレ

僕にとって筋トレは最大のご褒美という話

こんにちは。YASUです。
今日は自戒の念を込めて書いていきます。

僕は筋トレを基本毎日しています。
4年前大学サッカーが終わるタイミングでガリガリだった身体を変えたいと思いはじめました。
正直ここまでハマるなんて当時は思いもしませんでしたが、
誰が見ても変わったと言えるくらい筋肉をつけることができました。

いわゆる成功体験を筋トレから学ぶことができました。
当時は身体を鍛えることが楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。
大学4年生の頃は時間が有り余っていたこともありますが、毎日筋トレにいく道中るんるんでした。

しかし今はどうでしょうか。
確かに筋トレ自体大好きで向上心を持って行えております。
昔よりもより専門性を持つことができているし、
効率的なトレーニングもできています。

ただ筋トレに対しての気持ちは正直変わってしまったと思っています。
大好きな気持ちは変わらないのにどういうことかと思う方もいるかと思います。
本日は少し探っていこうと思います。

そもそもなぜ筋トレを続けているのか

「なぜ」の画像検索結果

久しぶりに振り返ってみます。
そもそもなぜ筋トレを続けているのか。
それは、ただただ楽しいことが理由だと思っています。

4年間続けていますが、自分でいうのもあれですがすごいと思います。
なかなか何か物事を長く続けるのって難しいですよね。
継続の力はもともと長けていたと思いますが、よくやっていると自分を褒めたいです。

話が少しずれてしまいましたが、
筋トレが楽しいというのにはいくつか理由があります。

成果が目に見えてわかる

実際ガリガリの4年前筋トレに出会いましたが、本気で取り組んで3ヶ月くらいで身体に変化がみられました。
その段階で誰がみても「変わったね」と言われるレベルまで持っていけました。

この初期段階での成功体験が今もなお継続している最大の要因なのかもしれません。

自分に自身がついた

身体が変わると自信が湧いてくるものです。
昔から自信はなぜか持っている性格だったのですが、より自信が強くなったと言いましょうか。
まずそこらへんの人と戦ったらまず負けないだろうという自信を常に持っています(ほんとに戦ったら…)

自信がつくと楽しくなってくるものです。
物事がうまく行くと楽しいですよね。そんなような気持ちです。

なぜ続けているのか。
改めて考えましたがやっぱり楽しいからなんですね。

つまらないこと(興味のないこと)は絶対頑張れない

「頑張れない」の画像検索結果

これは自分の経験談なのですが、興味のないことは全く続きません。
優秀な方とかだと、「興味なんてなくても続けられるよ」という方もいるかもしれませんが、
僕は絶対に無理です(興味のないバイトなど数日でやめるタイプです)

逆にサッカー(14年間続けました)や、筋トレ(今4年目です)、ブログ(4ヶ月連続更新)など好きなこと、楽しいことは続けることができています。
しかも続けることで質も明らか向上していますので、やはり「好きこそものの上手あれ」なのだと実感しております。

いつからか「好き」から「使命」に変わってしまった

「使命感」の画像検索結果

もともと好きで筋トレをしていたのに、ある日から使命のような感じに切り替わってました。
「毎日筋トレをしなければならない」
「昨日の自分を超えなければならない」
別に僕はボディビルダーではなく、この道で食っていくつもりもありません。

なのになぜか使命感が僕を苦しめていました。
ただ好きだから続けて来ていたのに。

仕事終わり、疲れているけど、
「ジムに行かないと」
そうマイナスな感情でジムに向かうこともしばしばありました。

ただ幸いジムにいくとモチベーションが上がるので、ジムにいけばなんとかなっていました。
でもいくまでが憂鬱で・・・

ある動画が僕を変えた

「人生を変える」の画像検索結果

そんなマイナスな感情の日が多かったですが。
youtubeのある動画をみて、考え方が変わりました。

武井壮さんの「大人の学校」という動画です。

武井さんのこれまでのヒストリーから皆をマインドセットします。
この動画の中で、僕の心を動かす場面がありました。

武井壮 名言

「どんなに仕事で疲れていても、毎日必ず1時間トレーニングの時間を作っている。それをご褒美として毎日自分にプレゼントしている」

この言葉を聞いた時、ビビっと来ました。
本来僕にとって筋トレは、仕事など頑張った自分へのご褒美のはずなのに、今は使命感に狩られやむなくやっています。
昔は大好きな筋トレを毎日楽しみに生活をしていたのに、変わってしまった自分が恥ずかしくなりました。
そして、再度変わらないといけない。本気でそう思いました。

この動画をみたのがおとといになります。
そこから考え方を再度見直し、自分にとって筋トレはご褒美だと考えるようになり、
毎日自身にご褒美を与えてあげています。

武井壮さんのおかげで、筋トレに対して見方を変えることができ、
また一つ成長することができました。

まとめ

今回の投稿は自戒の念を込めて書かせていただきました。
だいぶ殴り書きのような感じになってしまったと思いますが、筋トレだけに限らず皆様にも少なからず当てはまる部分もあるのではないでしょうか。

これまで大好きだったことでも、今では当たり前になってしまいただなんとなくこなしている、など。
ぜひ一度始めた頃を振り返ってみて、なぜ始めたかなど考えてみてください。
きっと新たな発見があるはずです。

では!!

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿