ダイエット

【自粛期間】筋肉を落とさないために今すべきこと

こんにちは。YASUです。

自粛期間が続き、不要不急を求められるこのご時世ですが、トレーニーにとって非常に厳しい時期にかかっていると思っています。

筋肉は1日で作られるものではなく、
長い年月をかけてじっくり作られるものです。

いわゆるマッチョと言われる方らは、
その長い年月、ほぼ毎日筋肉と向き合いその身体を作ってきています。

そんな中1ヶ月もの間毎日足を運んでいたジムに行くことができないなんて苦しすぎますよね。。

何より怖いのはこれまで蓄積してきた筋肉が落ちてしまわないかという点です。

満足なトレーニングができないのである程度落ちてしまうのはある意味仕方ないことです。
しかし必要以上に落としてしまうのは気をつけなくてはなりません。

そこで今回は筋肉を必要以上に落とさないためにいますべきことについてまとめていきたいと思います。

 

自粛期間中筋肉量を落とさないためにすべきこと

筋肉」は裏切らないが過度な筋肉「フェチ」に危険あり(石田雅彦 ...

では早速まとめていきたいと思います。

個人的には今すべき事として下記が上がるかと思います。

①自重トレーニング(家トレ)
②食事(栄養管理)
③イメージトレーニング

特に難しいことは書いておらず、ごく当たり前のことだと思います。

①自重トレーニング(家トレ)

ジムのように高強度のトレーニングは難しいですが、家で自重で行うトレーニングは可能かと思います。

中にはダンベルやベンチなど器具をお持ちの方もいるかと思いますが、
そうでない方は自重でトレーニングを行うようにしましょう。

負荷が弱いので、毎日同じ箇所を行っても原則OKです。(疲労が残っていたら別箇所をやってあげましょう)

筋肉を大きくする効果はあまり見込めませんが、
ある程度キープすることは可能かと思います。

②食事(栄養管理)

次に栄養管理です。

この時期に爆食や栄養を考えないで摂取してしまうと簡単に身体が変わってしまいます。
今まで以上に管理することを心がけましょう。

またオススメとしては食事の頻度を増やすことです。
普段3食のところを6食にしてみる。間食に関しては固形物が難しければプロテインやEAAなどの飲料製品で代用するのも良いでしょう。

こうすることで、空腹の時間が減少するため筋肉をエネルギーに変えてしまう「カタボリック現象」を抑えることができます。

③イメージトレーニング

意外と大切なのはイメージです。

筋肉も結局のところ神経が通ってるわけで、意識的に使ってあげないと衰えてきてしまいます。
重量を持たない場合でも意識的にイメージをプラスして力などを入れてあげるだけでも効果があります。

意識的に触ってあげたりと、常に筋肉に対し意識を持ってあげると良いでしょう。

 

まとめ

今回は自粛期間に筋肉を減らさないためにすべきことを書かせていただきました。

このジム自粛がいつまで続くか正直わかりません。
伸びてしまうかもしれません。

それこそ僕を含めトレーニーの方からしたら死活問題ではありますが、
嘆いていても仕方ないので今はできることをするようにしましょう。

そしてジムが再開した時に衰えをなるだけない状態で迎えられるように。
しっかり準備しておきましょう。

では。

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿