筋トレ

【筋トレ】週2日しかできなかったら何をする??

こんにちは。YASUです。

僕は週6日〜7日トレーニングをしているのですが、
みんながみんなそこまでできる訳ではありません。

個人的には最低でも週3日程度できると良いのですが、
2日程度しかできないという方多いですよね。

もし週2日しかトレーニングできない場合は何をすべきか。
本日はそんなテーマで説明していきます。

週2日のみだと何をすべきか

「週2日 トレーニング」の画像検索結果週2日しかトレーニングできない場合は大きい筋肉を鍛えるようにしましょう。
ここでいう大きい筋肉とは、


背中

などを指します。
筋トレできる曜日感覚が空いているならまとめて行いそれを2日間行えばいいですが、
土日など連日続く場合は分けてトレーニングすることをお勧めします。

水曜:胸・背中・脚
日曜:胸・背中・脚

土曜:胸・背中
日曜:脚

必ず取り入れたいトレーニング

ここでは必ず取り入れるべきメニューをご紹介していきます。

ベンチプレス(胸)

大胸筋を鍛える王道のトレーニングになります。
厚い胸板は憧れますよね。
ベンチプレスを取り入れることで理想の身体に近づくことができます。

またトレーニングに慣れてきてより刺激を求める方はダンベルで代用すると良いです。
上級者になるにつれてダンベルに変わっていく傾向があるのでダンベルでのトレーニングが増えてくるとレベルアップしている証拠です。

デッドリフト(背中)

背中の主に下背部から中背部にかけて鍛えることのできるトレーニングになります。
フォームが非常に大事なトレーニングでいっぽ間違えると怪我をしかねないので十分気をつける必要がございます。

また一般的にデッドリフトでは床にあるバーベルを上に引く動作になりますが、
このトレーニングでは背中以外に足の筋肉も動員されてしまうため背中だけのトレーニングというよりは背中+脚のトレーニングといったところでしょうか。
もし背中だけ鍛えたい!!という方は膝くらいから引くハーフデッドリフトを行っていただくと良いでしょう。

スクワット(脚)

主に脚の筋肉を鍛えることのできる種目になります。
非常に有名なトレーニングですが、案外繊細な動きが大切になってくる種目ですので最初にフォームを正す必要がございます。
またデッドリフト同様怪我に直結しやすい種目なのでそちらも注意が必要です。

まとめ

今回週2日程度のトレーニングしかできない場合のトレーニングをご紹介しました。
本音をいうと本気で身体を変える場合だと週3日はやりたいところですが、週2日のトレーニングの場合でも上記は取り入れるようにしましょう!!

まずは無理せずできることからやっていきましょう!!
では!!

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿