できる男

【僕も昔はガリガリだった】人は変わる事ができる

こんにちは。YASUです。

皆さんに質問です。
『将来はこうなりたい』
『こんな俳優さんみたいな身体になりたい』

人それぞれ何かしらなりたい像はあると思います。

逆に今の現状にコンプレックスを持っており、
それらを解決したいと思ってる方もいるでしょう。

実際僕はその口でした。

僕はこれまで14年間本気でサッカーをしてきました。
平均よりも上手い選手で頭がわりかし良かったので、クレバーなサッカーをしてきましたが、
その反面身体が小さく線も細かったので五分五分の状態でぶつかるとほとんど負けていました。

サッカーにおいて小さかったり細い事自体は必ずしも悪いわけではないのですが、
男としてたくましくいたいというのが本音だったので、そんな身体にコンプレックスを抱いていました。

そんなコンプレックスを持っていた僕ですが、
今では誰にあっても『マッチョだね』とか『ガタイすごいね』と言われるようになりました。

決して楽な道のりではありませんでしたが、コンプレックスを解消する事ができました。

そこで今回は、僕自身の実体験を用いながら、
今持ってる課題やコンプレックスは必ず解決する事ができ、人は変わる事ができるという話をしていきたいと思います。

 

コンプレックスは誰しもが持っているもの

コンプレックス」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説! | 「言葉 ...

すごく顔の綺麗な人がもっと綺麗になりたいと思うように、誰しも理想があり、コンプレックスを持っています。

僕の場合一番のコンプレックスがガリガリの身体だったのでそこをどうにかしたいと思い筋トレをはじめました。

実際before→afterの写真になります(撮った場所が違うのでだいたいで)

こう見るととても変わったと思います。
今昔は細かったと言っても最近出会った人には信じてもらえないくらいです。

なぜここまで変わる事ができたのか??

変化の鍵は『継続すること』

僕がここまで変わる事ができたのは紛れもなく『継続』したからです。

継続と言っても闇雲にやったわけではありません。
僕の場合幸い筋トレの基礎を教えてくれた恩師がいたので、恩師から離れた後でもトレーニングの基礎は抑えていたのでトントン拍子で身体を変える事ができました。

実際誰が見ても身体を見て驚かれるようになるには6ヶ月くらい要しましたが、コンプレックスは解消し自信を持てるようになりました。

筋肉がつくと本当にすべてのことにおいて自信がみなぎってくるので、ぜひ皆さんにもこの感情は味わってほしいです。

現状から何かを変えたければ・・・

僕自身もそうですが、何かを変えたければまず動くことです。
そして正しい路線に乗ったらそれを結果が出るまで続ける。これしかないです。

最短ルートを求めすぎてはいけません。
たとえ結果が出るのが数年後だとしても、地道に1歩1歩進んでいくしかないのです。

『継続する』
言葉で言うのは簡単ですが、実際は最も難しいことの1つだと思っています。
どうすれば続ける事ができるのか。

それは明確な目標立てをする事です。
そして実現のために行動し続ける。これしかありません。

目標がなければ人は動きませんからね。
僕も当時の自分に不満がなければ動こうとはしませんでした。

ぜひ今の自分を見つめ直してみてください。
そこでもし不満が見つかればそれに向かって本気になれるか考えてみてください。

そこが事実上の生まれ変わる上でのスタートです。

継続マンが教える“継続の法則”とはこんにちは。YASUです。 本日は継続の法則について改めてまとめていきたいと思います。 以前も同じような内容を書いたのですが...

 

まとめ

本日は僕自身の経験に基づきながら人は変わる事ができるという話をさせていただきました。

こんな僕でも変わる事ができたんです。
写真だと伝わりにくいかもですが、本当にガリガリだったんです。

そんな僕でもジム以外では僕以上のマッチョにほとんど出会わないくらいまで変化する事ができたんです。

『明確な目標を立て、それに向かって継続を続ける。』

これしかありません。

是非皆さんも今の自分を変えるために動いてみてください。

必ず良い方向に進めるはずです。

では。

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿