できる男

【キャッシュレス時代を生きる】最低限持ち歩くべきマネー系アイテム

こんにちは、YASUです。

本日はキャッシュレス化が進んでいく中で最低限持ち歩く必要のあるマネー系アイテムについてお話していきたいと思います。

一昔前までは紙幣や硬化を使った現金での支払が当たり前でした。
それがここ1,2年の間に急激に進化が進み、クレジットカードやデビットカードでの支払いが当たり前に。さらにスマホを利用したスマホ決済(QUICPayやpaypay)が当たり前の世の中に変化していきました。

スマホを使いこなしているユーザーからすればとても便利な世の中になりましたね。

しかし現在の状況としてはまだクレジットカード決済すら導入していない店舗も一定数存在しており、
まだスマホ1つだけもって街を歩くには心もとない感じもします。

そこで今回は安心に少ない荷物で街を歩けるように、
決済をする上で最低限必要なマネー系アイテムを紹介していきたいと思います。

今回の記事を読んでいただければ、非常にスマートに会計をすることができるようになるでしょう。

 

絶対に抑えておきたいマネー系アイテム

キャッシュレスとは?知っておきたいキャッシュレス決済の基礎知識 ...

ではここから絶対に抑えておきたいマネー系アイテムということで紹介をしていきたいと思います。

実際に持ち歩くアイテムを大きく分類分けすると下記のようになります。

・QRコード決済アプリ
・電子決済(QUICPayやID)
・交通系
・クレジットカード(物理カード)
・現金

実際に上記をまんべんなく持ち歩くことができれば会計の際に困ることはないでしょう。

QRコード決済アプリ

ここ最近で最も力をつけてきたのがこのQRコード決済でしょう。

有名所でいうと、PayPayやメルペイでしょうか。
専用アプリを使い、アプリ内に入っているポイントで多くの店舗で支払いができるという流れになっています。

特徴としては還元の良さが挙げられます。
タイミングによるところもありますがPayPayだと20%還元をやっていたり、メルペイも同じようなことをしていました。

現在は特に大きなキャンペーンは行っておりませんが今後また期待できるでしょう。

僕自身かなり使っていて非常に恩恵を受けているのですが、
増えているとはいえまだまだ導入している店舗が少ないのでもっともっと増えていくとさらに良くなっていくと思っています。今後に更に期待です。

電子決済(QUICPayやID)

次にQUICPayやIDなどの電子決済サービスになります。

クレジットカードが使える店であれば大半の店舗であれば電子決済サービスが利用できると思います。

支払いに関してはクレジットカードと同じなので後に請求が来る形なのですが、
支払いの際にクレカをわざわざ出さずスマホで電子で支払うことができるのが特徴です。

また最近だと自動販売機でも使えるところが増えてきました。
なので現金を持ち歩かなくともスマホ1つでジュースを購入することができ非常に便利です。

交通系

もともとはSuicaなどの交通系は物理カードのみでしたが最近は電子決済にも対応しておりわざわざカードを持ち歩かなくとも使うことができます。

Suicaは電車やバスに乗る以外にコンビニやスーパーなどでの支払いでも利用することができます。
またスマホにSuicaを入れておけばいつでもチャージをすることができるため物理カードを持つよりも非常に利便性が高くなりおすすめです。

クレジットカード(物理カード)

最近では外で使うことがめっきり減りましたが、まだ現在だとスマホ1つだと心配な部分もあるので念の為持ち歩くようにしています。

クレジットカード自体はたくさんのカードが存在しますが基本的にVISAかMasterCardを1枚持ち歩いておけば安心でしょう。

日本であればアメックスやJCBなどもだいたいどこでも利用できますが、
さらなる安心感を求めるのであればVISAかMasterCardを持ち歩くのが安心でしょう。

昔は見えを張っていいカードを持ち歩いていましたが今は楽天カード1枚です。
支払いでクレカを出す機会も減りましたし見えを張らなくても良いと思ったからです。。

現金

持ち歩きたくないランキング1位です。

コンビニや電子決済が可能なことを知っている場所に行く場合は持っていかないこともしばしばありますが、基本的に多少は持ち歩くようにしています。

とはいえ外で使うことがほぼないので大体はPayPayにチャージしてしまうことがほとんどですが。。
向こう5年位は現金と付き合わなくてはならなそうですね。

早く完全にキャッシュレスにならないかなあ。

 

まとめ

ということで今回は最低限持ち歩く必要のあるマネー系アイテムを紹介させていただきました。

上記で紹介した、スマホバーコード決済アイテム、電子決済、交通系に関してはどんなに登録してもカードを持ち歩くのと違いかさばることがありません。
なのでできる範囲でスマホに入れておくのが良いでしょう。

個人的には、

バーコード決済であれば『PayPay』『メルペイ』
スマホ決済であれば『QUICPay』『ID』
交通系であれば『Suica』
クレジットカードは『VISA』『MasterCard』どちらか
現金は『1万円札』を数枚だけ。硬化は持ち歩かない

を意識して持ってみるとコンパクトにすむかと思います。

持ち物が減ることで無駄なストレスを軽減することもでき幸福度が上がります。

是非皆さんも今持ち歩いているものを振り返っていただき軽減させてみてください。
では!

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿