ファッション

【できる男】スーツをかっこよく着るための腕トレーニング

こんにちは。YASUです。
本日のテーマはかっこよくスーツを着るための腕トレーニングです。

腕は大きく2種類に分けられます。
皆さんご存知の上腕二頭筋(力こぶ)と
その裏側の上腕三頭筋(二の腕)の2種類があります。

腕を大きくしたいだけなら上腕三頭筋を多く鍛えるべきですが、
今回のテーマはスーツをかっこよく着るための腕トレなのでバランスが重要です。

今回は定番の腕トレをご紹介していきます。

上腕二頭筋のトレーニング

アームカール

たった状態でバーベルもしくはダンベルをカールするトレーニングになります。
若干の反動が使えるので高重量を持つことができ、お勧めのトレーニングです。

通常のバーを使っていただいても良いですし、
ダンベルやギザギザのEZバーを利用していただいても問題ございません。

一般的にEZバーを利用する場合が多いので一度試してみてください。

またストレッチを重要視したい場合など、
ベンチ台を30度から45度程度に倒し、もたれかかった状態で行うやり方もあります。この場合より筋肉が伸ばされた状態で負荷が一番かかるのでストレッチ種目としてお勧めです。

https://www.youtube.com/watch?v=wYwOgtj9TaQ



ハンマーカール

通常ダンベルカールではダンベルを寝かした状態で行いますが、
こちらのハンマーカールではダンベルを立てた状態、つまり親指が上に来るように上げていきます。

こちらの種目では上腕二頭筋の外側を鍛えることができるので丸みのある腕を作るのに欠かせない種目ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=5hu8JIlSgQk



上腕三頭筋のトレーニング

ケーブルプッシュダウン

だいたいどこのジムにもケーブルマシンはあるかと思いますので、
誰でもできる種目だと思います。

ケーブルマシンは利用用途がたくさんありますが、
上腕三頭筋も鍛えることができてしまいます。

またこの種目ではロープを使っていただくのが最もお勧めですが、
ない場合など短いバーなどで代用いただくことも可能なのでどちらかで行うようにしましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=5eBsh3mUVsM



トライセプスエクステンション

ちょっとコツが必要な種目なのと、肘など怪我してる人はできない種目なのですが、高重量を扱うことができ非常にお勧めの種目です。

そもそも腕を太くしたいと考えると皆さん上腕二頭筋を鍛えたがるのですが、
実は上腕三頭筋を鍛えた方が効率が良いのです。

上腕三頭筋の方が筋肉の面積が大きく、しっかりと鍛えればそれなりに早く成果が出ます。
この種目ではストレッチを重要視する種目なので伸び切った時に筋肉に最も負荷がかかります。

まずは丁寧にでき刺激を感じられる重量から始めていきましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=3Dby9icPMQQ



まとめ

本日は腕のトレーニングをご紹介していきました。
どの種目もジムに行けばどこでもできる種目なのでぜひやってみてください。

スーツ関係なしに腕が太い男性はやっぱり憧れますよね。
自身も憧れられる立場になれるよう頑張っていきましょう!!

ABOUT ME
yasuhiro
常にできる男を追求しながら生活をしています。1人でも多くの内面から外見にかけて洗練されたできる男を排出するため本ブログを開設しました。
最近の投稿